姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 2話の詳しいネタバレ

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 2話のネタバレとあらすじ

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾というきしめん先生の大人気エロ漫画の2話をネタバレしていきます。

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾は現在エロ漫画ランキングでも連日上位にランクインされている人気のエロ漫画になります。

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾の無料立ち読みはこちらから

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

101042480_BookLiveコミック【AC】姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾※スマホ専用

 

 

お酒に酔って家に帰ってきたのはお嫁に行って嫁いでしまった姉のヒトミ。

しかしヒトミはかなり酔っていて、しかもストレスが溜まっているのか主人公のタクヤに「一緒に飲もう」と誘ってくるのです。

 

そして泥酔している姉の愚痴を聞いていると、どうやらヒトミは嫁いだ先でなかなか子供に恵まれない事で、姑からいびられているらしいのです。

 

そんなヒトミを不憫に思った弟のタクヤ。

タクヤは「それだったら、子供を妊娠しちゃえばいい!」と言って姉のヒトミを押し倒してしまうのです。

 

子供のころから大好きだった姉のヒトミを押し倒したタクヤ。

そしてヒトミはタクヤの勃起チ〇コを受け入れてしまうのでした。

 

 

前回、姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 1話の詳しいネタバレはこちら

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 2話のあらすじ

 

タクヤに子作り宣言をされてしまい、唐突にキスをされてしまうヒトミ・・・

 

慌てて彼の行為を止めようとするも、勢いを増していく彼のキスは激しくなり、夫よりもねっとりと自分の唾液を舐めつくしていくディープキスに、彼女の意識は甘く溶けだしていました。

 

キスを終えて、畳の上に押し倒されたヒトミは、服をまくられてしまい、ふるんと揺れる大きな乳房を揉み掴まれてしまいます。

 

夢中になって彼女の乳房を揉みしだくタクヤは、そのまま彼女のズボンを下着を脱がしていき、愛液に溢れた膣口に指を押し込み、愛撫で膣肉を解していきます(*´▽`*)

 

熱くうねる指の動きに合わせ、ビクビクと震えていくタクヤのおチ〇ポに、ヒトミはうっとりとしながら、彼の大きな勃起おチ〇ポに見惚れていました。

 

夫よりも大きいと、逞しすぎる、雄の欲望を形にしたそれが、膣口に突き刺さり、子宮の奥へと滑り込んでくる亀頭に、ヒトミの理性は快楽へと堕ちてしまいます。

 

夫よりも逞しく、激しいおチ〇ポに突かれ、弟の元気に泳ぐ精子が沢山に溢れた熱い精液を注がれそうになるも、元気なおチ〇ポはヒトミの膣から抜け出てしまい、彼女のお腹の上に吹き零れてしまいます。

 

勢いに任せて姉に精液をお腹へと注いでしまい、ようやくに冷静さを取り戻し、自分がした事を後悔するタクヤですが、ヒトミは満更のご様子。

 

初めてセ〇クスで絶頂った事に、快感を覚えていた彼女は、落ち込んでいたタクヤを抱きしめ、ふわりとした爆乳に包みながら優しく慰めていきます。

 

彼ともっとセ〇クスがしたいと、そして彼の子どもを孕みたいと願うヒトミ(*´ω`*)

 

二人の関係が変わろうとしていました・・・

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 2話のネタバレ

 

酔った勢いで姉であるヒトミに種付けセ〇クスをしてしまい、ショックに打ちしがれるタクヤは自己嫌悪に落ち込んでしまうも、気にする事無いと、中出しされたのに彼女は気にした様子も無くに、彼を優しく慰めてくれました。

 

そして、ぽつりぽつりとヒトミは夫のある問題を語り出します。

 

実は、彼女の夫の精子には問題があり、卵子に着床しにくく、妊娠が難しいと医者に診断され、半ば妊娠を諦めていたのですが、これだけ元気な精子を持つタクヤなら、確実に妊娠できると、彼女が弟との子作りを望み始めていました。

 

自分をあれだけ真剣に求め、子宮にまで届き、卵子を貪る様に求めていた亀頭の疼きに、ヒトミの身体はタクヤとのセ〇クスに快感を覚えていたのです。

 

夫ではなく、タクヤの子どもを孕みたいと、牝の本能で彼を求めてしまう彼女。

 

そんな姉からの子作りセ〇クスの誘いを受け、タクヤは迷う事無く、彼女を妊娠させたいと、孕ませたいと自身の欲望に揺れ動いていきます。

 

姉のリードで、膣口を気持ち良く愛撫していき、おチ〇ポが気持ち良く滑り、卵子に精子が着床しやすい濡れ具合を見せていく膣内に、タクヤの勃起チ〇ポが深く捩り込まれ、火傷しそうな程に熱くいきり勃った亀頭が、ヒトミの子宮を捻じ込んでいきます。

 

甘い声を漏らし、牝の疼きに震える身体を晒しながら、大股を開いてタクヤの熱々の精液を欲しがるヒトミに、タクヤはキスを重ねながら腰を夢中になって動かし、彼女の卵子を求めて疼きだす精子達を精液に乗せて、子宮へと流し込んでいきます。

 

ドクドクと注ぎ込まれていく精液にビクビクと震え、絶頂ってしまうヒトミ(*´ω`*)

 

もう姉弟の理性は無く、牝と雄の欲望に染まっていました・・・

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾の無料立ち読みはこちらから

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

101042480_BookLiveコミック【AC】姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾※スマホ専用

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 3話の詳しいネタバレはこちら

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 2話の感想

 

夫との子作りに悩む人妻のヒトミが、弟であるタクヤに押し倒されてしまい、そのまま子作りセ〇クスをさせられてしまうと、衝撃の展開の第2話となる今回。

 

姉であるヒトミの膣口に勃起おチ〇ポを射し込んでしまい、欲望のままに犯してしまうと、背徳的な雰囲気かと思いきや、姉のヒトミは、タクヤのおチ〇ポに感じてしまっていました。

 

気持ち良すぎて、夫よりも逞しおチ〇ポと子宮を疼かせてしまうヒトミ。

 

そのまま膣内に射精されるかと思いきや、勢いが余ってしまい、おチ〇ポがおマ〇コから滑り外れてしまい、せっかくの精子がお腹へと降り注いでしまい、満たされない想いを抱いてしまった彼女は、何気なくに落ち込むタクヤを誘惑するかのように、子作りセ〇クスへと誘い込んでいくと、実に小悪魔な雰囲気で彼を誘惑していきます。

 

夫の精子では妊娠できないならと、元気で卵子を貪りたいタクヤの搾りたての精子なら妊娠できると、彼とのセ〇クスを受け入れてしまうヒトミ。

 

大股を開き、タクヤの勃起おチ〇ポを根元まで咥え込んでいく、快楽に目覚め、牝として発情していくヒトミのエロい痴態が堪能でき、噴き出す精液にアヘトロ顔を晒してしまうと、弟のラブエッチな展開を見せていく第2話。

 

もう子作りセ〇クスを止める事が出来ない、種付けセ〇クスにハマってしまう二人のエロさが見どころとなる、そんな内容となっています。

 

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾の無料立ち読みはこちらから

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

101042480_BookLiveコミック【AC】姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾※スマホ専用

 

姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 エロ漫画 3話の詳しいネタバレはこちら

 

エロ漫画 ネタバレの図書室(TOP)はこちら