交通事故の相手が留学生だったら/無料

交通事故の相手が留学生の場合の対処法

 

 

こんにちは、ユウジです。

ヨールキ・パールキ先生の大人気のエロ漫画、事故物件×留学生のは大人気の作品になっておりますが、この漫画のヒロインのサーニャの様に日本には海外からの留学生というのが非常に多く来ています。
なかにはやはり日本語がままならない留学生も多いと思います。

しかし同じ日本で住んでいると何かの拍子で思いがけず留学生との間でトラブルが発生してしまうかも知れません。

そのような時はどうすればいいのでしょう?

今回はある例を出してトラブルになった時の相手が留学生だった場合についてお話していきたいと思います。

 

 

事故物件×留学生の無料試し読みはこちらから

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

101030460_BookLiveコミック【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

サーニャが夜な夜な喘いでくれるんです(*´▽`*)

 

前回、事故物件×留学生 エロ漫画 4話の詳しいネタバレはこちらから

 

 

交通事故の相手が留学生だった時

 

私たち日本人というのは車を運転するにあたって運転免許を取得するために自動車学校に通い都道府県にある運転免許センター等で免許を取得するための試験を受けて、そしてその試験に合格した者のみに運転免許証というのがもらえる仕組みになっています。

当然留学生の人たちも自分の国で運転免許を取得してから日本に来る人もいれば、日本に留学するからという事で免許がないまま日本に来る人もいると思います。

ところが自分の国で運転免許をを取得してから日本に来た人でも、日本の道路交通法と自分の国の道路交通法ではやはり国によって違うところもあると思います。

それに日本は道路交通法が整備されていて、日中でも夜中でも警察官がパトカーに乗って巡回しているので一部の人を覗いては、あまり乱暴な運転をする人はいないような気がします(あくまでも一部の人を除きます)。

しかし海外の特に東南アジア方面に行ってみると、正直 車の運転が荒い、と感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

やはり国によっての違いはあるものの、日本みたいに交通事情や道路交通法が整備されていない国もあるような気がします。

 

ある日、いつもと同じで普通に車を運転していた時に、日本の道路交通事情に疎い外国人の方と接触事故を起こしてしまったら・・・
しかもその相手が留学異性みたいな学生さんで年も若く、たどたどしい日本語を話すような人だったらどうでしょう?

 

日本に住んでいても、もしそのような交通事故となどという出来事に被害者にせよ加害者にせよ自分が当事者になってしまうケースというのは数年に1度または数十年に1度、もしかしたら一生その様な交通事故などの当事者にならない人もいらっしゃると思います。

そうなってくるとキチンと道路交通法を学んで運転免許を取得したと言ってもパニックになってしまう事も十分に考えられます。

ましてや相手側が日本語もほとんど通じないまだ若い留学生の様な外国人だった余計にどうすればいいのか困ってしまうと思います。

 

やはり解決策としては、もしそのような事故の当事者になってしまっても困らない様にきちんと自賠責保険と任意保険に入っておくことが一番良いと思います。

また事故の当事者になってしまっても困らない様に保険会社の連絡先や担当者への連絡先、そして出来れば自分の住んでいる街の警察署などの連絡先はいつでも分かるように車の中に用意しておいた方がいいでしょう。

そして相手が留学生みたいな若い人で日本語もよく通じない相手だったら尚の事、警察と保険会社にいち早く連絡を入れてきてもらい、あとは保険会社とお巡りさんに全て任せてしまった方がいいでしょう。

また何よりも少なくても自分が加害者になるような運転をする事がない様に、交通ルールをきちんと守って運転するのが一番いいのではないでしょうか。

 

 

事故物件×留学生の本編のネタバレのサーニャがアへ顔でイキまくってくれる姿も堪能してくださいね(*´▽`*)

 

 

事故物件×留学生の無料試し読みはこちらから

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

101030460_BookLiveコミック【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

 

事故物件×留学生 エロ漫画 1話の詳しいネタバレはこちらから

 

事故物件×留学生 エロ漫画 ネタバレ/無料はこちらから

 

事故物件を匂わせる不動産広告が留学生の住む町に張り出されてたら、はこちらから